後輩の成長が喜び。

2009年入社  K.O
(アプリケーション第二ソリューション部門)

現在のお仕事は?
kintoneやAIを活用した提案、およびシステム開発のマネジメント。

kintoneやAIを用いた、業務改善の提案およびプロジェクトマネジメントを行っています。

具体例を挙げると、次のような仕事をしています。

  • お客様先へ訪問し、現行業務・業務課題のヒアリング
  • 業務改善案や課題解決の為のシステム案を検討し、お見積とご提案
      ※必要に応じて業務フローの変更をご提案することもあります。
  • 受注後は、要件定義を行い、機能要件や非機能要件を詳細化
  • マネジメントとして、スケジュール管理、課題管理、リスク管理や作業指示、成果物のレビュー等

課題が見える化されてから解消されるまでを、全て自分の目で見届けることができる、そこに達成感と面白さを感じます。

「この仕事に就いて良かった」と感じることはどんなことですか?
部下や後輩、プロジェクトメンバーがお客様からお褒めの言葉をいただいたとき。

私が所属するチームは特に、若手社員が多くのことをチャレンジできる環境です。早い段階でお客様と直接お話をさせていただいたり、中堅社員やベテラン社員による厚いフォロー体制のもとにプロジェクトマネジメントに挑戦したり、成長できる環境を作っています。自分自身がサポートした若手社員がプロジェクトを成功させ、お客様から好評価をいただき、更には次の業務改善のご相談をいただくことがあります。そうした時は自分のことように嬉しく思います。自分自身ももっと成長していこうと決意する瞬間でもあります。

入社した決め手は何でしたか?
小さなことにも妥協をしない姿勢に魅かれた。

高校生の頃、プログラムを書く楽しさを知り、IT業界への道を目指すことになりました。IT業界の中でも、「要件定義~システム構築~運用・保守」と上流工程から下流工程まで全ての工程を担当できる企業に絞り、その中の1社が当社でした。複数社を並行して就職活動をしている中で、他の企業と日程が重なってしまうことが続いたときに、当社の採用担当者に相談したところ、北海道から就職活動に来ている私に親身になって日程を調整してくれました。まだ入社もしていない学生の私一人のための真摯な対応に、「この会社の一員としてこの会社の人たちと働きたい」という想いが強くなり、入社を決意しました。

入社してから現在までのキャリアについて教えてください。

  • 新人研修、部内研修(8ヶ月)
  • スキルマップシステム開発(5ヶ月)
  • 通信事業者向け 契約管理システム/ネットワーク管理システム構築(3年2ヶ月)
  • 通信事業者向け 機器管理システム改修/運用・保守:開発リーダー(1年9ヶ月)
  • 販売管理システム 運用・保守:PM(3年9カ月)
  • 物流業者向け個体管理システム構築:PM(1年)
  • AIやkintoneを用いたシステムの提案、および開発マネジメント(現在)

 

学生の皆さんへのアドバイス。

どんな仕事をしたいか、どんな職種で働きたいか、どんな福利厚生を求めているかなど、それらは企業を選ぶ上で必要な要素だと思いますが、最終的には「この人達(面接官や説明会の際の先輩社員)と一緒に仕事がしたい」という想いが一番大切なのではないかと考えています。一般的に「企業が学生を選ぶ」という流れにはなっていますが、「学生の皆さんも企業を選んでいる」ということを忘れずに、各企業の社員を見て判断をしていただければと思います。