お知らせ 2019年

キヤノン電子テクノロジー、クリエイターズ・ヘッド「AIシステム構築支援サービス」を提供開始

プレスリリース2019年2月28日(木)

キヤノン電子テクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内山 毅、以下:当社)は、株式会社クリエイターズ・ヘッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮野 美英、以下:クリエイターズ・ヘッド)と、AI(人工知能)により企業の業務改善や新たな価値創造を実現する「AIシステム構築支援サービス」事業を立ち上げ、本日より提供開始いたします。

中堅・中小企業のAI導入を支援

AIへの関心や期待は高く、大手企業のみならず、中堅・中小企業での導入も検討されるようになりました。しかし、関心はあるものの知見やノウハウ不足により導入に踏み切れないお客様も少なくありません。そのようなお客様に向け「AIの導入と活用」を支援する『entrance(エントランス)AI(AIプロフェッショナルサービス)、以下: entrance AI 』を提供いたします。

entrance AIについて

entrance AIとは、実績が豊富なクリエイターズ・ヘッドのCIPS※1に、当社のPoC(Proof of Concept:概念実証)やシステム開発のノウハウを融合してご提供する「AIシステム構築支援サービス」です。導入コンサルティングからデータ準備、検証・評価、システム開発、運用支援までの一貫したサービス提供はもちろん、「PoC」のみのご提供などお客様のニーズや状況に応じて最適なプランをご提案します。なお今後は当社の金融機関向けソリューションおよび文教ソリューションの拡充に、entrance AIを活用していく予定です。

※1
CIPS(Connected Intelligence Platform Service)について
企業活動における業務効率やお客様サービスを向上させるため、端末情報を起点としたビッグデータ基盤の構築、AI・機械学習を活用した分析結果精度の高い情報分析、情報セキュリティ技術までのデジタルプラットフォームを総合または部分的に提供するクリエイターズ・ヘッドのサービスの総称です。

サービス概要

  • コンサルティング
    活用方針の検討、AI利用目的のヒアリング
  • PoC
    必要データの収集・加工
    検証
    精度の評価・チューニング
  • システム開発
  • 運用支援
entrance AI サービス概要図

活用例

  • グループウェアとビジネスチャット連携
  • セキュリティ認証取得支援チャットボット
  • メンテナンス会社向け修理作業マニュアル自動作成
  • 小物商品の受発注の効率化および陳列マーケティング
  • 建築作業資材の自動棚卸(数量認識)
  • 図面記載内容照合チェックと変更箇所の自動認識
  • 各種検査・検品(異物、傷、指紋などのチェック)自動システム
  • 各種需要(生産量、販売量、消費量など)予測
  • ホテル業向け宿泊施設の最適価格決定支援システム
  • 流通業向け顧客層クラスタリング
  • 故障(不良)要因分析および不良判定ロジック作成
  • 各種帳票(タイピング文字、手書き、マークシート)OCR
entrance AI 活用例

サービス価格・作業期間等

お問い合わせください。

製品情報サイト

entrance AI ~AIプロフェッショナルサービス~
https://www.canon-electec.co.jp/service/ai/

【株式会社クリエイターズ・ヘッド 概要】
代表者:代表取締役社長 宮野 美英
所在地:東京都千代田区神田小川町3-6-10 MOビル
資本金:61百万円
設立:1998年(平成10年)5月
URL:http://www.creatorshead.co.jp/

【キヤノン電子テクノロジー株式会社 概要】
代表者:代表取締役社長 内山 毅
所在地:東京都港区海岸1-4-8
資本金:2,339百万円
設立:1970年(昭和45年)4月
URL:https://www.canon-electec.co.jp

印刷用PDFダウンロード(PDF-594KB)

  • 記載されている製品名称・サービス名称・社名・ロゴマークなどは、各社の商標または登録商標です。
  • 記載内容は予告なく変更する場合があります。

本件に関するお問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ
キヤノン電子テクノロジー株式会社 営業企画推進室
03-6432-4470