ODIP

大規模バッチ処理向け ローコード開発ソリューション

大規模バッチ処理向け ローコード開発ソリューション

ODIP(オーディップ)とは

ODIPは、複雑な大規模バッチ処理をGUIで簡単に構築できる、国産のローコード開発ソリューションです。100%モデルドリブンなので、システムの属人化やブラックボックス化を抑止します。

ODIP Enterprise Solution - Ontology Driven Information Processing/【モデルドリブン】全てモデルドリブンで駆動する次世代ツール/【変革・スピード・情報】スピード経営時代を支えるデータマート構築ソリューション/【大規模システム対応】大規模システムにも適応する加工機能と運用管理機能

(当社は株式会社インテリジェント・モデルの製品である「ODIP」の販売代理店です。)

このようなニーズにお応えします

  • レガシーシステムを刷新して情報資産を効率よく有効活用したい。
  • システムを内製化し発展させていきたい。
  • システムをブラックボックス化させないために、メンテナビリティが高い仕組みが欲しい。

ODIPによるバッチ処理開発のメリット

生産性の大幅な改善

従来のバッチ処理の仕組みの多くは、プログラムを記述し実行することで対応していました。そのため開発に多くの時間を要することが課題でした。ODIPは、簡単なGUIを用いてユーザー仕様に近い業務ロジックを定義することで簡単にバッチ処理システムの開発ができるため劇的な開発工数の削減につながります。

システムの肥大化防止

従来のバッチ処理では、新たな要件が発生するたびにプログラム開発を行っていました。これにより工数が膨らむだけでなくシステムは肥大化し品質の低下につながっていました。ODIPでは、新たな要件が発生した時にはGUIベースで既存のODIPプロセスに定義を追加するだけのためシステムの肥大化は発生しません。

バッチ処理の見える化

バッチ処理は多くの場合、プログラム開発を伴うために属人化しやすくなるという特徴があります。ODIPを用いることでGUIで設定した情報はメタデータとして一元管理されているため、GUI上で誰が見てもわかる状態を提供します。設計書としても利用できるGUIは、変更の影響度把握や追加、変更にも容易に対応します。

特長

特長1

高速

ODIPで実行されるプログラムはストリームデータ処理やI/O時間の極小化を図るため圧倒的な高性能を実現します。金融機関などの大規模バッチシステムにおける大量データでも高速なパフォーマンスを実現しています。

特長2

国産

国産なので操作性や保守性に優れており、運用時のストレスがありません。海外製のETLツールと比較されることもありますが、圧倒的に使いやすい国産のETLツールとしても選ばれています。スピーディな経営判断や意思決定、マーケティングや営業活動のためのデータ分析に欠かせないデータ統合を支援します。

操作性

設定画面、マニュアルなど全てが日本語

保守性

QA対応やサポートなどに迅速に対応

特長3

特許

日本特許、米国特許を取得しています。

ODIPバッチ開発の概要

ODIPは、「入力」「加工」「出力(抽出)」という業務要件を、GUIで定義してバッチシステムを構築します。トレーニングメニューもご用意していますので安心してご利用開始いただけます。

ODIPバッチ処理定義の流れ

ODIPバッチ処理定義の流れの図

実績

ODIPの導入実績No.1、ODIP開発技術者多数在籍

キヤノン電子テクノロジーは、20年以上にわたりODIPの導入やODIPを活用したシステム構築に携わっています。導入実績はNo.1、ODIP開発技術者が多数在籍しており、データ活用やDXを目指している企業様に向けたご支援が可能です。

また、当社の銀行向けDWHソリューション entrance Banking(エントランスバンキング)はODIPを活用しています。個別に導入されてきたシステムに散在する貴重なデータを全社横断的に収集、BI機能でデータ分析・情報活用する仕組みを提供し、競争力向上に貢献しています。

参考日経クロステック掲載記事「各システムに散在するデータ 全社活用に向けたある銀行のアプローチとは」

ODIP実績

導入 50社以上
業種 鉄道、公共、製造、金融(都銀、地銀、ネットバンク、リース他)、流通 
INtelligent Model

当社は株式会社インテリジェント・モデルの製品である「ODIP」の販売代理店です。

ODIP(オーディップ)に関するお問い合わせ先