やりたいことにチャレンジ
させてくれる環境。

2017年入社  W.A
(アプリケーション第二ソリューション部門)

現在のお仕事は?
AI、RPAによる業務効率化提案と開発。

資材管理業務における画像認識技術による業務改善プロジェクトの設計~開発を担当しています。

具体的には、

  1. 学習データの撮影
  2. 機械学習モデルの精度向上
  3. システムの設計、開発、テスト

を行っています。

AI技術は発展途上で新しい知識が多く勉強の毎日ですが刺激的な毎日を過ごしています。

「この仕事に就いて良かった」と感じることはどんなことですか?
お客様の目が輝き、実際に改善につながることで感謝されたこと。

社員の声から立ち上がった、AI関連のプロジェクトチームのメンバーとして仕事をしています。お客様への提案プロセスからシステム開発における上流工程から下流工程まで一連のプロセスを体験できます。

直接お客様とお話しする機会が多いのですが、やはりAIに対しての期待が高く夢を描きがちです。しかしながら、AIは最初から賢くて何でもしてくれるわけではありません。人間なら経験(学習)を重ねて成長していきますが、AIも同じで判断材料をデータとして繰り返し学習をさせることで、精度をあげていきます。そのことをお客さまに説明しご理解いただきながら業務の改善提案をします。そしてお客様の業務の課題解決ができて、「やってよかった」、「任せてよかった」と喜んでいただけることが非常にうれしいです。

入社した決め手は何でしたか?
キヤノングループであること。風通しがいい環境。

インターンシップで話をした先輩社員がやさしく面白い方たちばかりでした。また、ベンチャー企業として40年間続いてきたこと、キヤノングループに参入して10年続いていることも、安定しているんだなというイメージがあり、この会社に就職しようと思いました。

実際に入社して入社前とのギャップはありません。やりたいことにチャレンジさせてくれる環境がありがたいと思っています。

入社してから現在までのキャリアについて教えてください。

  • 新人研修(3か月)
  • 開発部門配属(OJT9か月)
  • 業務アプリケーション開発(1年半)
  • 新規事業AI・RPA(6か月)
学生の皆さんへのアドバイス。

企業の選び方で何を一番大事にするかは人それぞれだと思いますが、多くの人にとって「人間関係」は大事な要素のTOP3に入るのではないかと思います。「人間関係」は入社しないと見えてこないこともありますが、インターンシップや社員交流会等で感じとれることもあります。とりあえずエントリシートを書いて面接を受ける、のではなく、交流会等に参加することをおすすめします。